療養型病院の入院費が高くて困っているあなたへ

入院に関すること 病院・施設

この記事では「療養型病院の入院費が高くて困っている方」に向けた記事です。

つまり、本人の調子が悪くて「長期入院」をしなくてはいけないが、お金がない状態の方です。

多くはご家族などの方が見られると思いますのでわかりやすく下記で説明していきます。

説明していく内容は簡単で

「オムツ」「衣類」を持ち込める
差額ベッド代がない

この2点が主になります。以下で詳しく説明します。

療養型病院の費用


なんで療養型病院の料金が高いのか。

それは「オムツ代」や「衣類のレンタル代」がその大部分を占めているからです。

基本的には「医療費」+「食費」+「α(オムツや衣類レンタル、差額ベッド代)」で入院費が決まります。

医療費と食費だけであれば、一般課税世帯(住民税を納めている)の方は月額10万円程度になります。

非課税世帯(住民税免除)の方はここからさらに安くなるので人によっては5万円を切ります。

 

オムツとレンタル代は入院している病院によって料金が異なります。

つまり、入院費用を安く済ませたいのであれば

「オムツ」と「衣類のレンタル代」を持ち込める病院を探す必要があることがわかります。

以下で具体的な行動方法をお伝えします。

ちなみに医療費の軽減についてもう少し詳しく知りたいという方はこちらからどうぞ。

 

病院探し

オムツと衣類のレンタルを「持ち込んでもOK」な病院を探す必要があります。

ただ、片っ端から電話をかけていればいいわけではありません。

今入院をしているのであれば期限までに転院する必要もありますよね。

まずは、入院してる「病院の相談員」に相談しましょう。

療養型病院に転院するにあたって費用負担が厳しいので「オムツと衣類の持ち込み」ができる病院を探してもらいます。

在宅などにいる場合の方は、地域によっては「在宅療養相談窓口」というものがあります。

名前が異なるかもしれませんが、上記ワードでググってもらえれば大丈夫です。

上記に該当しない場合は、担当ケアマネージャーに相談し、一緒に探すことになると思います。

 

医療費の軽減そのものは他の制度が利用できる状態でないといけませが、病院を探すことができれば費用負担が軽くなります。

入院費の支払いが難しければ是非、「持ち込みができる」療養病院を探していきましょう。