差額ベッド代は払わなくてもいい【入院した時のために】

入院に関すること

皆さん差額ベッド代を支払わなくていいことは知っていますでしょうか。

このベッド代は結論から言うと

「差額ベッド代」は払わなくていい。
実際に弁護士の方にも確認済み。

その理由について、病院の相談員がわかりやすく解説していきますね。
ちなみに差額ベッド代とは

医療費とは別で入院した時にかかる保険適用範囲外の費用です。

入院しているとかかる場合があるのですがこれがまた厄介でして、めちゃめちゃ痛い出費になってしまうわけです。

差額ベッド代とは

以下厚生労働省からの引用です。

1.病室の病床数が4床以下であること。
2.病室の面積が、1人あたり6.4平方メートル以上であること。
3.病床ごとにプライバシーを確保するための設備を備えていること。
4.少なくとも個人用の収納設備、個人用の照明、小机及び椅子を備えていること。

上記に該当する場合「特別療養環境室(以下:差額部屋)」と呼ばれます。そこに入院すると差額ベッド代(保険適用範囲外)がかかります。

簡単に言うと、よくあるのが「個室」に入るとかかるやつですね。

差額ベッド代は支払わなくてもいい

冒頭でお伝えした通り払わなくていい場合があります。
病院もむやみやたらに差額ベッド代を取っているわけではありません。

治療上の必要性がある

患者の「治療上の必要性」により差額部屋に入る場合差額ベッド代は発生しません。

以下の例で少し詳しく解説します。

①救急で運ばれてきた人・手術の直後で症状が重く、安静が求められる。あるいは常時監視が必要で、適時適切な処置が求められる患者。
②免疫低下による、感染症にかかるリスクの高い患者。
➂著しい身体的・精神的苦痛を緩和する必要のある末期の患者。など

このように治療や感染等のリスクのため必要に応じて(病院側の意向で)差額部屋に入る場合は差額部屋の料金は発生しません。

同意書による確認に不備がある場合

書類不備があった場合なども支払わなくてOKですね。

病院が差額部屋に関する同意書の確認を患者へ行っていない場合も支払わなくてOKです。

付け加えるとすれば、署名がない場合でも差額部屋の料金は請求はできないので支払わなくていいです。

差額ベッド代が発生する条件

でも「治療上の必要性」ってわからないよ
とお考えのそこのあなた。

そうです。家族や本人で判断はできないですよね。

ただ、「差額ベッド代が発生する条件」として以下2点があります。それに当てはまらなければいいのです。

1.自身の希望で差額部屋へ入る
静かな環境やプライバシーの問題から差額部屋を希望するなど、自らが差額部屋を希望した場合。

2.病院から提示された同意書に署名をする
差額部屋を利用するにあたり、病院からの同意書に署名をすることで、本人の希望があったとみなされます。

なので、逆に言えば「署名」も「希望」もしなければ基本的には差額ベッド代はかかりません。

いたってイージーですね。

差額ベッド代は保険適用範囲外

差額ベッド代は保険適用外であるため、上限がなくめちゃめちゃお金がかかります。保険適用外のため「高額療養費制度」「限度額適用認定証」がききません。

本来、一般の方であれば「医療費」の上限があるので月額10万円以上かかることはありません。そこに差額ベッド代が入ると・・・。1万円/日だったとしたら月30万円です。それに加え、医療費や食費などかかるため40万円以上かかってきますね。

なので「差額ベッド代がかからない病院」を選んだり、むやみやたらに署名はしないようにしましょう。

限度額適用認定証はこちらから。

病院から病院へ移る

救急などで入院してしまえば、「署名」も「希望」もしなければ支払うことはほぼありません。

ただ、病院から病院へ転院する際に

移る先の病院が「差額部屋しかない」という場合、「支払って入院する」もしくは「別の病院を探す」ことになります。

入ってしまえばこっちのものですが、「差額部屋しかない」といわれてしまうと「払う」か「払わない」の2択になってしまいます。

まとめ

差額ベッドがかからなければ、一般の人の入院はすべて込みでも15万程度で収まります。そこに差額ベッド代がかかると数十万になるため何としても費用を抑えたいです。

費用面を考えると「差額ベッド代がない病院」または「差額ベッド代がかからない部屋」に入ることが望ましいですね。

もし病院側から無理に差額ベッド代を勧められるようであれば、

Check!

「署名しない」「希望しない」ということを覚えておきましょう。