障害者手帳を利用して医療費を安くする方法

医療保険制度

東京都では「マル障」と呼ばれるものになります。各都道府県によって呼び方や利用できる条件が違いますが似たものがあります。

マル障を持っていると以下のようなメリットがあります。

・いつも払っている医療費(1~3割)からさらに安くなる。
場合によっては「医療費の支払いがなくなる」こともある。

基本的には身体障害者手帳を持っている、もしくはそれと同等の状態であれば医療費が安くなる可能性があります。

東京都を例に紹介しながらわかりやすく解説します。最後に他の都道府県の参考HPを載せておくのでチェックしてください。

身体障害者手帳による医療費助成

さて、医療費が安くなる方法については、各都道府県が独自で行っている制度を利用していくことになります。

東京都でいう「マル障」と呼ばれるものです。医療費助成は各都道府県が独自で行っているため、利用条件がそれぞれあります。もちろん、各都道府県で「制度の名前」も異なります。

ちなみに、どのくらい負担が軽減されるかというと

・いつも払っている医療費(1~3割)からさらに安くなる。
場合によっては「医療費の支払いがなくなる」こともある。

こんな感じです。

利用するための条件

各都道府県である程度共通している条件が大まかに分けて2つほどあります。

それがこちらです。

・障害者手帳(または、それと同等の身体状態)
・所得制限

各都道府県でもこのあたりが利用する条件になってきますね。所得制限に関しては、クリアが難しいわけではないです。稼ぎすぎていなければ問題ありません。後で例を見ていきましょう。

東京都の医療費助成(マル障)

東京都の例を挙げますので確認してみてください。他の都道府県の方も参考までにチェックしておくことをお勧めします。

東京都の医療費助成制度は、先ほどお伝えしたようにマル障といいます。本来は心身障害者医療費助成制度」というのが正式名称です。

マル障の医療費助成範囲

みなさんが気になっているのはここだと思います。
マル障を持っている方であれば

・住民税が「課税」世帯の医療費は1割負担
・住民税が「非課税」世帯の医療費は負担はなし

ちなみに、住民税が「課税」の世帯は

・外来受診の医療費上限・・・月額12,000円。
・入院の医療費上限・・・月額44,000円。

注意点として、令和元年8月から変更があります。外来上限額は14,000円になるので注意してください。入院上限額は57,600円になります。

※あくまで「医療費」が対象なので、入院中の食事代などは別で請求されます。

マル障の対象者

基本的には、身体障害者手帳の1級・2級を持っている方。「内部障害」については3級でも対象者となります。

内部障害は以下の障害が該当します。

・心臓機能障害
・じん臓機能障害
・呼吸器機能障害
・ぼうこう機能障害
・直腸機能障害
・小腸機能障害
・HIVによる免疫機能障害
・肝臓機能障害

上記の身体障害者手帳を持っている方以外には東京都「愛の手帳」1度・2度の重度の知的障害者の方も、対象です。精神障害者保健福祉手帳1級の所持者も対象となっています。

※注意してほしい点が、マル障の「取得」する際には年齢制限があり、65歳までに申請して取得しなくてはいけません。「利用」すること自体は65歳以降でも問題ありません

マル障の所得制限

冒頭でお伝えしたように、マル障には所得制限があります。この所得制限を超える方は対象除外となってしまうわけです。

以下が基準です。

・身体障害者本人が20歳以上の場合は、所得制限の判断基準は本人の所得
・身体障害者本人が20歳未満の場合は、原則として世帯主の所得

東京都以外でマル障を使う場合

都内であれば、基本的に受信時などに保険証とマル障を提示してすれば、心身障害者医療費助成制度(マル障)が適用されます。

東京都以外の医療機関にかかる場合は、領収書で後日精算しなくてはいけません。

マル障は東京都の制度なので、東京都以外の医療機関では窓口では直接適用されません。領収書をもらって、後日に区役所などで助成申請が必要です。

こちらが東京都のマル障について記載されているHPです。確認して下さい。

東京都以外の医療費助成制度

もちろん他の道府県でも同じような制度はあります。少し紹介してみますので、是非参考にしてください。

埼玉県「重度心身障害者医療費助成制度」

大阪市

神奈川県「重度心身障害者医療費助成制度」(市町村別にもなっています)

名古屋市「障害者医療費助成制度」

これだけ見てもそれぞれ、都道府県ごとであることがわかりますよね。是非お住まいのHPを探してみてください。

探し方は結構ざっくりなのですが、Google等で「A県 マル障」や「B県 重度心身障害者医療費助成制度」で検索をかけてみてくださいね。