身体障害者手帳を利用してバス・タクシーの割引をしよう

障害者手帳

こんにちは、ねこまるです。

 

障害者手帳を利用するとバスやタクシー代が安くなると知っていましたか?

障害者手帳を利用した制度などは知らないと使えないものばかりです。

せっかくなのでここで理解していって下さい。

 

公共交通金はかなり利用頻度が多いと思います。

少しでも安く生活ができるように読んで損はありません。

 

身体障害者手帳でバスの割引

身体障害者手帳を持っていることで、ほとんどのバスで料金が割引になります。

ただ、乗車時に手帳の提示が必要なので、乗るときは忘れずに持って出かけましょう

 

乗車時に提出する以外の利用方法だと

定期券や高速バスなどの事前購入となる場面などで利用できます。

 

バス会社によって利用の仕方は様々です。

 

ちなみに都バスの定期券は事前購入ですので

窓口で身体障害者手帳を提示して購入して下さい。

 

バスによって異なる割引額

バス会社によって、身体障害者割引の割引額や手続き方法は変わります

バス会社によって半額になったり、チケットがもらえたりなど

少なからずメリットがあります。

 

地域で発行した身体障害者手帳を持っている方のみのバスもあります。

理由はあとで記載しますが、それぞれあるというわけです。

 

バスの身体障害者割引率

先ほどもお伝えしたように割引率は、バス会社によって違います。

ちなみに、都内であれば国際興業バスは半額になります。

手帳の等級にかかわらず手帳を持っていればOKです。

乗るときに提示してくださいね。

 

そして、バス会社がそれぞれ割引率などが違う理由は

決まった制度に則っているわけではなくバス会社の好意によって実施されているためです。

 

身体障害者手帳でタクシー割引

タクシー乗車代は、バスとは異なり、日本全国で共通で決まっており

障害者割引は1割引が適応されます。

 

条件として

タクシーに乗車時、身体障害者手帳を提示

する必要があります。乗ってすぐに見せてくださいね

 

先に見せなくてはいけない理由は

タクシーに乗ると出発前にボタンを押しますよね。

そのボタンの中に「障害」といったものがあるので出発前に押すと適用されるのです。

 

降りる時だと再度計算しなおすか

適応されないかもしれないので気を付けてくださいね。

タクシー割引は自治体でも行っている

ちなみに、この割引に関してですが

国土交通省が、全国のタクシー会社に対して障害者割引の指導をしているからだそうです。

全国共通とは言いましたが、法律で決まっている割引ではありません。

あくまでタクシー会社が全国的に行っているものなのです。

 

あとは、自治体にもよりますが

「タクシー券(割引券)」を配布しているところもあります。

ただこれは、身体障害者手帳の等級が決められていることがあるので注意してください。

 

それ以外にも自治体ごとでの取り組みがありますので

是非お住まいの自治体で利用できるものがないか調べてみてください。