高額療養費制度で医療費を安くする方法【病院の相談員がわかりやすく解説】

医療保険制度

こんにちは、ねこまるです。

みなさん高額療養費制度はご存知ですか?
聞いたことはありますよね。

私も病院で相談員をしていますが日々耳にする制度です。簡単に言うと上限以上利用した医療費が戻ってくる制度ですね。

でも実際にどういう制度かわかりますか?どうやって申請するか知っていますか?実際に知らない方も多いと思います。

今回の記事では、高額療養費ってどんな制度なのか。どうやって申請をするのか。といったことをわかりやすく解説します。

高額療養費制度で医療費負担を抑えられる

まずはイメージを掴みましょう。こういう制度系は細かいところを覚えようとすると頭に入らないので。

ざっくりとイメージをお伝えすると高額療養費とは

限度額適用認定証で設けられた上限以上の支払いをした際に、その差額分戻ってくる制度です。上限以上医療費を使うとお金が返ってくるのです。

いい制度ですねほんと。かなり費用負担が抑えられます。簡単にイメージできると思います。
じゃあその限度額適用認定証の上限って何?と思う方。下記で紹介するので読み進めてください。

図を使ってさらにイメージをわかりやすく伝えます。下記の図を見て下さい。


厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ 」より引用

図のように医療費が100万かかった場合、医療保険が3割負担の方は30万円(100万円の30%)を窓口で支払います。自己負担上限額は「87,430円」であるためその差額212,570円は後日戻ってくるということになります。

つまり

30万円窓口で支払いをしても、自己負担上限額が87430円なので、30万円から87,430円差し引いた、212,570円は戻ってくるわけです。

なので100万かかろうが、自己負担上限額の87,430円以上かかった医療費はすべて戻ってくる仕組みです。

ご自身の自己負担上限額は下記の記事で確認できます。

高額療養費制度(69歳以下と70歳以上の方へ)

下記の記事で年齢別で自己負担限度額の紹介と限度額適用認定証の取得方法について紹介をしています。是非ご自身の医療費上限がいくらであるか確認してください。

「69歳以上の自己負担上限額」

「70歳以上の自己負担限度額」

高額療養費制度の申請方法と申請先

高額療養費の申請方法ですがご自身が加入している医療保険に、高額療養費の支給申請書を提出または郵送することで支給が受けられます。

注意してほしいのが加入している保険先から「支給対象となります」と支給申請書類がくるのでそれを申請してからの受給になります。

国民健康保険・・高額療養費に該当した場合には、東京都後期高齢者医療広域連合から「後期高齢者医療高額療養費支給申請書」が郵送されます。この申請書に、必要事項を記入・押印のうえ、同封の返信用封筒にて返送、または担当窓口まで提出してください。

協会けんぽ健康保険証・・こちらのホームぺージで確認して下さい。基本的には必要書類を揃えて申請するのみです。

組合健保健康保険・・各組合ごとに書式などが異なりますので、ご自身が加入されている「組合名 高額療養費制度」で検索をかけてください。

後期高齢者医療保険・・診療月から最短で4か月後に広域連合から申請書が送られてきます。届いたら、申請書に記載してある提出先(東京都内の区市町村の後期高齢者医療制度担当窓口)に提出してください。

※多くのところでは一度申請をして受給が始まれば後は自動で振り込んでくれます。

そもそも、お金が返ってくるまでには受診した月から、最低3か月程度かかります。

なお、医療費の支払いが困難なとき、無利息の「高額医療費貸付制度」 を利用できる場合があります。制度の利用ができるかどうか貸付金の水準はど のくらいかについては、ご加入の医療保険によって異なります。各々でお問い合わせください。

複数の病院でかかっている場合

ひと月で支払いの上限額を超える医療費負担が1つの病院で発生したら「高額療養費」の対象となります。

もし、他の病院でも、ひと月に2万1千円以上の医療費の負担があった場合は、その医療費についても併せて計算対象になりますよ

まとめ

高額療養費についてイメージはつきましたか?知っておくとかなりお得です。お住まいの地域によっては申請しないと返ってこないところもあると思いますので是非確認してみてくださいね。

こちらの制度は限度額適用認定証がベースとなっていますので、そちらの方もしっかり確認しましょう。是非制度を有効活用していただければと思います。