身体障害者手帳で自動車税を安くしよう!

こんにちは、ねこまるです。

 

身体障害者手帳を持っていると様々なメリットがあるのはご存知ですよね。

その中でも自動車税の減免を受けることができることもおそらく知っていると思います。

 

今回は自動車の税金免除の申請方法や具体的な減免額について説明します。

先にお伝えしておくと、身体障害者手帳を持っている本人だけでなく、生計が同じ家族も減免を受けられる場合があります。

 

具体的な減免額を先にお伝えします。

東京都の例を紹介しますと

課税標準額が320万円の自家用乗用車を取得した場合

通常より9万円も減免になるんです。

しかも、毎年の自動車税も4万5千円減免ですよ。

お得すぎます。

 

セールスのような話で始まってしまいましたが

実際に読んで確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

自動車税の種類について

まずは、自動車税の種類について確認しましょう。

身体障害者手帳によって減免を受けられる種類は3種類

自動車税の種類

・自動車税

・軽自動車税

・自動車取得税

これらについて簡単に解説します。

自動車税とは

車を持っている方はご存知だと思いますが

自動車税とは毎年毎年支払わなければいけない税です。嫌ですよね…。

自動車税は、4月1日の時点で自動車を持っている場合、その所有者(持っている人)が払わなければいけない税金です。これは国ではなく、都道府県の税金になります。

 

この毎年の支払いが身体障害者手帳によって減免できます。納税通知書が5月に郵送されてくるのでそれで税金を支払います。

軽自動車税とは

軽自動車税とは、自動車税の軽自動車バージョンです。

4月1日の時点で軽自動車を持っている場合、その所有者(持っている人)が払わなければいけない税金です。これは国ではなく、市区町村の税金です。

これも身体障害者手帳によって減免されます。

ちなみにここでの「自動車」と「軽自動車」の違いは

自動車と軽自動車の違い

・総排気量660ccを超える普通自動車の税金が「自動車税」
・総排気量660cc以下の軽自動車の税金が「軽自動車税」

となっています。

自動車取得税とは

簡単に言うと、自動車を購入した時にかかる税金です。

自動車取得税は、都道府県の税金になります。

また、新車だけでなく中古車も課税されてしまいます。

また基準として、取得価格が50万円以上となると自動車取得税がかかります。逆に50万以下の取得価格であれば免除されます。

 

取得価格は購入費ではないので注意してください。

取得価格とは

年式・車種・グレードで決められた価格です。中古車になると減額されます。

都道府県税事務所に問い合わせれば、取得価額が確認できます。

自動車の税金はいくら減免される?

ここまで税金の種類を見ていただいてわかった方もいるかもしれませんが

この自動車税、軽自動車税、自動車取得税は

それぞれ都道府県や市区町村で課せられているものであるため全国一律ではありません

 

そのためここで一概にいくら減免できますとはっきりは言えません。

ただ下記で東京都を例に見ていきますので確認してください。

 

ちなみに身体障害者手帳での減免・免除申請は、どこにお住まいだとしても、お住まいの都道府県の税事務所で、手続きできます。

なので問い合わせ先も都道府県の税務署でOKです。

 

冒頭でお伝えした東京都の例ですが

東京都主税局HPから引用です。

例1)課税標準額が320万円の自家用乗用車の場合

(320万円×税率3%(本来かかる税))-(300万円×税率3%(減免分))

9万6千円9万円

6千円(納付額

 

本来9万6千円のところ6千円の負担でOKです。

これは申請するしかないですよね。

 

自動車の税金【東京都編】

東京都の減免額についてです。

減免額の上限

自動車税の減免上限額は45,000円

自動車取得税の減免上限額は課税標準額300万円。*障害者の方が運転又は利用するため特別の改造をした場合は、改造費部分を上限額に加算されます。

⇒つまり、上限額を超えるようであればその分は自分で納付をします。

対象者となる障害の程度

東京都のホームページからの引用です。

確認してみてください。

東京都主税局より

対象となる自動車

冒頭でお伝えしたように、ご家族が運転する場合などは制限があります。

しっかりと確認してください。

 

障害者手帳をお持ちの方自身が車の所有者(納税者)で自身で運転する場合は制限はないです。

ただ、注意してほしいのが、生計を同じくする方」が運転する場合や障害者手帳を持っている方自身が車の所有者(納税者)でない場合

専ら障害者の方の通院、通学等のために使用する

といった使用目的に制限がかかりますので注意して下さい。

生計を同じくする方とは

「障害者の方と同居している方」又は「近隣(障害者の方の住所地から2㎞以内)にお住まいの親族の方」をいいます。

 

申請場所と申請期限

これも東京都の場合です。

自動車取得税自動車税については、自動車を取得してから、1ヶ月以内が手続き期限です。

1ヶ月なんてあっという間ですよ。すぐにしましょう。こんな節税できるのですから。

そして、何度も言っているように自動車税は毎年払いますよね。

申請期間は毎年「4月1日から5月31日まで」です。

この間に申請しないと来年まで、自動車税の減免申請が受け付けてもらえません。もったいなさ過ぎますよ。

そして購入した時と、その後毎年1回手続きが必要です。

身体障害者手帳での自動車税減免申請は、都税事務所で手続きできます。

 

まとめ

障害者手帳で自動車の税金がどれだけ節税できるか伝わったでしょうか。

今回は東京都メインでの話にはなってしまいましたが

是非お住まいの都道府県や市区町村で調べてみてください。

調べ方は「都道府県名 自動車税」で出ると思います。

もちろん公式HPで確認が手堅いですが、わかりにくかったら他の人のブログなどを探してみるのもいいかもしれないですね。

是非手帳を有効活用してください。

タイトルとURLをコピーしました