ソーシャルワーカーってどんな仕事をしているの?【現役ソーシャルワーカーが教える仕事内容】

ソーシャルワーク

こんにちは、ねこまるです。

私は病院でソーシャルワーカーとして働いています。

みなさんは「ソーシャルワーカー」という職種を知っていますか?

 

聞いたことはある!っていうかたは多いかもしれないですが、実際どんな仕事をしているのか知らないことが多いと思います。

実際ソーシャルワーカーは、様々な場で活躍をしています。

もしかしたら、この記事を読んでいる方は、少しはソーシャルワーカーとして医療機関などで務めることを考えている方もいると思います。

 

この記事では現役でソーシャルワーカーとして働いている私が、ソーシャルワーカーってどんな仕事をしているのかお伝えします!

ソーシャルワーカーってなに?

ソーシャルワーカーは、働く場所にかかわらず、安心して日常生活を送ってもらうために人々の抱える困難な問題の解決を援助をすることで仕事です。

ただ、一概に「問題」といって目に見える問題だけではありません

 

基本的には、「問題の解決」をすることに長けた職業であるため、医者やスポーツ選手のように「仕事」が見えにくい職業でもあるのです。

また、よく勘違いされている方がいますが、「問題解決」は手段です。あくまで目的は、安心して日常生活を送ってもらうことです。

 

ソーシャルワーカーは、病院や診療所などの医療機関から、地域包括支援センター、介護施設であったり、働く場所は多岐にわたります。

 

また、資格としては「社会福祉士」という国家試験になりますが、「名称独占」であるため「ソーシャルワーカーでないと、やってはいけない仕事」というものはありません。

ソーシャルワーカーってどんな職種?

ソーシャルワーカーは働く場所によって仕事は変化します。

私と同じように、病院などの医療機関で働くソーシャルワーカーを「医療ソーシャルワーカー」と呼びます。略されて「MSW(Medical Social Worker)」とも呼ばれています。

 

病院などの医療機関では、悩みを抱えている方は多く相談は絶えません。

他の記事でも紹介しているように「退院後に一人暮らし生活は不安」「入院費が支払えない」「退院先をどうやって決めたらいいか」など、相談内容も多岐にわたります。

 

ただ、支援の対象者は入院している「本人」だけでなく、その「家族」なども支援の対象です。

 

なぜか?

 

医療ソーシャルワーカーは入院している患者のみを対象としておらず、その家族や地域の人々なども対象としています。

病院に勤めているので、「患者のみを支援する」と思われがちですが、あくまで「困っている人の支援」であるため対象者は「患者」のみに止まりません。

 

問題を解決するために、ソーシャルワーカーだけで解決するのではなく、医師や看護師やヘルパーなど、様々な職種と協力をして問題解決を図ることが多いです。

 

私の個人的な印象ですが、就職してから思ったことは

考えて聴く・話す」ことが非常に多くなりました。

 

例えばですが、面談の中で「相手がどういう理解をしているのか」「伝えたかったことは伝わっているのか」「相手の言いたいことはなにか」といったことはもちろんですが

相手の発言から、言葉の裏に隠れた気持ちを考えるようになりました。なかなかこれが難しいなと個人的には思いました。

 

ざっくりとですがこのような感じで、「言葉(聴く・話す)」を使って対人援助を行っている職業です。

いろんな技術はあるのですが、つまるところは

日常生活における問題や不安の解決をサポートする仕事です。

もちろん解決しない問題への継続的な取り組みも業務の一つです。

すごく抽象的であるが故に、仕事も多岐にわたります。

ソーシャルワーカーは資格が必要?

ソーシャルワーカーとして働く方の多くは、社会福祉士又は精神保健福祉士の資格を持っています。両方とも国家資格になります。

先ほどお伝えしたように、ソーシャルワーカーは資格がなくてもできる仕事です。ただ、多くの病院や地域包括支援センターでは資格を持っている人の募集がほとんどです。

また、資格だけではく経験と技術がものをいう職種でもあるため、ある程度経験年数のある経験者を募集しているところは少なくありません。

 

こういったことから、資格がなくても働ける「名称独占」ではありますが、結局のところ資格がある方が確実に有利です。

また、ソーシャルワーカーとしての技術も経験の中で培われていくため基本的に経験年数が高ければ高い方が技術も高いことが予想されます。一概には言えないですが…。

ソーシャルワーカーの業務内容

仕事内容は多岐にわたります本当に。同じ病院でも病院の種類によって若干異なったり、病院独自の業務があったりと、内容は確立されていません

ただ、専門職としてやることは変わりません。

 

私は医療ソーシャルワーカーであるため病院以外の場所で働くソーシャルワーカーについて

詳しく説明することはできませんが分野が変わっても支援する目的は一緒です。

 

各分野(高齢者・障がい者・児童等)で働いているソーシャルワーカーがいますが、

基本的にはそういった方の抱えている問題や不安を解決することで日常生活を安心して送っていただくことが仕事です。

 

なので「問題解決」は援助技術の一つです。

 

これからのソーシャルワーカー

現在日本では、高齢化が問題とされていますが

この問題はさらに深刻なることはみなさんもご存知のはずです。

2025年には人口の4人に1人が高齢者になっているといわれています。

現在、日本ではソーシャルワーカーの他に医師や看護師や介護福祉士など、医療や福祉職が圧倒的に足りていません。

それはみなさんもなんとなく日々実感していると思います。

 

その中で、ソーシャルワーカーが今必要とされている理由は

そのソーシャルワーカーの行う

ソーシャルワーク」が注目されているからです

(ソーシャルワークについては後日書きます‥…)

 

ざっくりと書きますが、今の「日本の社会保障」などの問題は、様々な問題が絡み合っています。

それが故に問題がややこしく多岐(ケースバイケース)になっており、既存の「制度を当てはめて解決していくだけでは限界」が来ているのです。

 

そこでその個々の問題を解決するためにソーシャルワーカーが必要とされ始めているのです。