サービス付き高齢者向け住宅ってどんなところ?

介護保険制度 病院・施設

こんにちは、ねこまるです。

今回はサービス付き高齢者向け住宅について

の解説をしていきます!

サービス付き高齢者向け住宅は

有料老人ホームと少し似ていますが

あくまで賃貸型の高齢者住宅です。

施設に似ているけど

「じゃあ何が違うの!?」

と思っているご家族!

わかりますよ、、、

なかなかややこしいですもんね、、、

そんなご家族のために、

今回はサービス付き高齢者向け住宅の

イメージを持っていただけたらなと!

それぞれしっかり特徴はあるので

紹介していきます!

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅は

賃貸住宅のイメージでOKです。

ただ少し有料老人ホームと少し似ており

基本的には個室で高齢者向けになっています。

 

イメージとしては、

集合住宅内の一室が1人暮らし用になっていて

風呂やトイレが完備されているところです。

もちろんバリアフリーですね。

 

食事は食堂で食べたりすることができますが

自炊も可能です。

 

ここからが特徴なのですが

まずスタッフが多くないことが特徴です!!

 

・・・

 

え???大丈夫なの??

ってなりますよね

 

でも法的にもそれでも問題ないのですよね。

もちろん24時間で介護士やヘルパーなどはいますが

積極的に介護を行ってはいないです。

サービス提供義務

○ サービス付き高齢者向け住宅の

提供必須義務があるサービスは

安否確認」「生活相談」のみ。

つまりその他の食事や介護などは

それぞれの住宅によって異なります!!!

じゃあどうすればいいの!!!

って方へ。

 

必要に応じて介護保険サービスを利用します!

ここが

「介護付き有料老人ホーム」との違いです。

 

具体的にどこが違うか?

 

外の事業所からサービスを入れる点が

違うのです。

 

先ほどお伝えしたように

サービス付き高齢者向け住宅は

「自宅」により近い施設のです。

 

なので自宅で介護保険を利用して

サービスを利用するのとまったく同じ感覚です。

 

介護が必要な方は

外部事業からのサービスを利用しましょう!

ということですね!

注意点

あくまで賃貸住宅ですので

介助をかなり要する状態や

医療行為がある人の場合

入所できない、または退去しなくては

ならない可能性があります。

 

見守りサービス・生活相談サービスとは

先ほどお伝えした

サービス付き高齢者向け住宅の義務である

見守り・生活相談サービスについて。

見守りサービスとは

職員が定期的な安否を確認することです。

施設内を巡回して、各個室を訪問します。

室内で何かトラブルがあったときの

早期発見などにつながります。

生活相談サービスとは

生活のサポート全般です。

具体的には

買い物や家族への連絡などを

代わりに行ったりしてくれます。

ただ、介護サービスではないので

介護が必要な方は外部の介護サービスを

利用する必要があります!!

 

サービス付き高齢者向け住宅の対象者

以下が入所条件です。 

年齢が60歳以上であり

かつ、

要介護認定(要介護者・要支援者)を

受けている方です!!

 

あくまで条件です。

施設によって受け入れの幅は

狭かったり広かったりします!

 

ただイメージとしては、

60歳以上で、ご自身の身の回りのことは

自分でできるような方が

基本的な対象です!

 

サービス付き高齢者向け住宅の費用

有料老人ホームと比べても比較的に安いです。

費用は私の経験に基づいて話になります。

 

入居金を支払うかどうかで変わりますが

都内でも安ければ10万円程から見つかります。

決して多くはないですが。

 

高いところは探せばきりがないですが

相場としては都心部などでは

15~6万+介護サービス利用が平均です。

 

ただし、施設のプラスオプションとして

いろいろなサービスがそれぞれの施設で

設けられてます。

 

事前に確認して、どんなオプションがあるのか、

利用費用がいくらか確認した方がよいでしょう。

 

注意点

先ほどもお伝えした通り

基本的には賃貸住宅なので

医療行為が多く介護保険サービスなどだけで

対応できない場合は

入所できなかったり退去することになります。

 

ただ、、、ですね、、、

 

最近の傾向として重症度が高い方でも

積極的に受け入れをしているようです。

 

理由としては

ケアマネージャーや訪問系サービスを

同じグループ内で抱えているところが

増えているからです。

 

つまり、「お金」の関係ですね(笑)

同じグループ内でケアマネージャーや

訪問系サービスを利用してもらえれば

更に収益アップだからです!

まとめ

サービス付き高齢者向け住宅のイメージは

つきましたでしょうか?

 

施設と誤解されがちですが

くくりとしては

賃貸住宅です。

 

高齢者用の賃貸住宅にサービスがついているので

「サービス付き高齢者向け住宅」なんです(笑)

 

これが一番わかりやすい伝え方ですね(笑)

 

サービス内容は施設によって少し異なるため

確認した方がいいでしょう。

 

また、費用は安いところもあります。

ご家族で高齢の方がいる場合は

安心して生活していただける場

でもあると思います。

是非一度検討してみてはいかがでしょうか。