自宅でリハビリができる訪問リハビリの利用方法

介護保険制度 医療保険制度

こんにちは、ソーシャルワーカーのねこまるです。

今回は、自宅でできるリハビリについて説明していきます。訪問リハビリは、リハビリスタッフが自宅へ訪問してリハビリを行うことです。

この記事にたどり着いた人は「家でリハビリってどうやって?」「自宅でリハビリはしたいけどどうやって利用するんだろう?」と疑問を持っている方が多いのではないでしょうか。

そんな方たちに「訪問リハビリ」について説明をしていきます。

訪問リハビリでできる内容

そもそも、訪問リハビリでは病院や介護老人保健施設(通称:老健)や訪問看護ステーションからリハビリスタッフを派遣します。

リハビリスタッフの中にもいろんな役割のスタッフがいます。それぞれ体の部分に合わせて専門性を発揮するので、確認して下さいね。

理学療法士(通称:PT)・・主に下半身がメインだと思ってください。立ったり、歩いたりする練習などをイメージしてください。

作業療法士(通称:OT)・・主に上半身がメインです。細かい手作業などやパズルなどのリハビリをイメージしてください。

言語聴覚士(通称:ST)・・主に口や喉がメインです。言葉を発したりするなどの訓練、飲み込みなどの訓練などを行います。

訪問リハビリの内容

図にするとこんな感じですがイメージがわかないと思いますので、1つづつわかりやすくご説明します。

 「身体状況・病状の観察」

訪問してリハビリを行う前に身体状況のチェックをすることだと思ってください。そして、チェックというのは、心拍数や脈などを測っていつもと変わりはないか異常はないのか確認することです。

もちろん身体面だけでなメンタルケアも行っています。身体が元気でも気持ちが乗りきでなかったりすることはありますよね。

スタッフと話しながら、その時の気持ちに合わせてリハビリを行うことも可能です。

 「日常生活動作の維持・向上」

自宅内で歩くための練習をしたりすることです。自宅内の家具や壁を伝って歩く「実用的な練習」になります。

あくまで歩ける方の場合です。もちろん、その方に合わせたリハビリ(歩けなければ福祉用具を使った動きの練習)などを行います。

また激しいリハビリだけでなく、拘縮といって縮こまってしまうのを予防するマッサージのようなリハビリもあります。

 「生活動作や福祉用具に関する指導・助言」

介護保険などでレンタルした杖や足の装具が合っているのか確認してくれます。

日常の動作を確認しながら杖やその他歩行器を利用されている方は器具を使って歩く時の体重のかけ方や歩き方の指導など、細かいところまで見てくれます。

 「介護相談・家族支援」

介護方法(身体の使い方)などを教えてくれます。

利用者に合わせたリハビリサービスの提供が可能というわけです。

訪問リハビリの対象者

訪問リハビリは要介護1以上の方が対象となります。ただし、要支援(1~2)の方は介護予防訪問リハビリテーションの対象となります。

 

 利用条件

主治医から「訪問リハビリが必要。」と認められている方

医師の意見書が必要になりますのでまずはケアマネージャーや医師へ相談しましょう。

訪問リハビリの費用

介護保険で利用・・・ 300円程/1回(20分)
医療保険で利用・・・300円程/1回(20分)(1割負担)

ただし、ここに各種加算が加わることがあるため、月単位で数百円の料金がプラスされることがありますので、担当ケアマネージャーに確認しましょう。

基本的には介護保険が下りていればそちらが優先となります。

利用制限

回数制限は原則ですが

どちらも多くのところで40~60分で週6回までです。

訪問リハビリをうまく利用しよう

訪問リハビリについて紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

うまく使えば、自宅にいながらご自身の「できること」が増え、社会参加につながることもあります。

また、「社会参加」にしても「拘縮(身体が縮こまること)」を予防できることにしても本人の生活の質を高めることにつながっています。

しかし、本人が拒否をしているのに無理にリハビリを強要するのはやめた方がよいでしょう。

リハビリスタッフも国家資格を持った職員であるため、相談しながら一緒になって進めていくことができます。ぜひ頼りながら、サービスを利用していきましょう。