介護が必要な方が在宅生活で入浴をする方法!!

介護保険制度

初めましての人は初めまして。

現役病院勤務をしている

ソーシャルワーカーのねこまるです。

 

今回は在宅生活の中で

入浴をするための

「訪問入浴サービス」

の解説をしていきます。

 

「要介護状態になり自宅で入浴できない」

「自宅の浴槽が狭くて家族が介護できない」

などの理由から利用を

検討されることが多いです。

 

 サービスについて

ざっくりと説明すると、

自宅に専門職が訪問して

入浴の介助を手伝うサービスです。

詳細を見ていきましょう。

訪問入浴ってどんなサービス?

訪問入浴サービスは、

看護師とその他1~2名の計3名のスタッフが

自宅に訪問し、専用の浴槽を使って

入浴介助をしてくれる

介護保険を利用したサービスです。


1人では入浴が難しい要介護状態の方

浴槽が狭いために

入浴介助ができない環境であったり

ご家族の介助では入浴が難しい場合など

サービスを受けることで

家族の負担が軽減されます。

 

ご本人の身体の状態にもよりますが

家族による入浴の介助はかなり大変です。

サービスを利用することは

本人の生活の質を高めるだけでなく、

同時に家族の負担の軽減やその時間を

ほかのことに使うことができます。

 

また、看護師が全身を確認するため、

むくみや床ずれなどの

発見につながる可能性があります

自覚症状がないまま、

症状が悪化している場合もあるため、

疾病の早期発見や

予防に繋がる可能性が高いのです。

 

訪問入浴サービスは、

サービス事業所

(訪問入浴を行っているところ)

によっては入浴後に

「シーツ交換」や「爪切り」なども

行っているとこともあります。

なにをしてくれるのか利用前に

確認しておくのもいいかもしれません。

 

訪問入浴の利用条件

利用条件は2つです。

  1. 要介護(1〜5)認定を受けている方
  2. 医師から入浴を許可されている方

要支援(1〜2)の方は条件付き

訪問入浴を受けられる

「介護予防訪問入浴介護」

というものがあります。

 

そのため、

訪問入浴サービスの利用を

検討しているのであれば、

事前に主治医に入浴許可を

貰っておくので円滑に利用できます。

 

利用する場合は、担当のケアマネに相談し

(要支援の場合は地域包括支援センター)

ケアプランに組み込んでもらいましょう。

訪問入浴の内容

入浴の種類

全身浴と部分浴と清拭の3種類あります。

それぞれの違いについて説明をしていきます。

  • 全身浴・・みなさんと同じように浴槽につかる(一般的な入浴に近い)ものだとイメージしてください。
  • 部分浴・・全身浴ができない場合、それに代わってシャワーなどで体の一部をお湯につけることができるものです。洗髪や陰部洗浄、手・足だけの入浴ももちろんできます。
  • 清拭・・お湯でしめらせたタオルで体を拭くことです。その日の体調に合わせて変えることができるため、体調が悪い場合は相談をしましょう。
  •  

入浴の流れ

  1. 入浴前の健康チェック・・まず看護師による血圧・脈拍・体温などのチェックを行います。利用者が入浴可能な健康状態かどうかを確認します。
  2. 脱衣と準備・・介護スタッフが利用者の脱衣介助とお湯の準備を行います。
  3. 入浴・・浴槽に移動(介助)し入浴となります。
  4. 入浴後の健康チェック・・浴槽から移動(介助)し、着衣・健康チェックを看護師が行います。入浴後に健康状態に異常がないかをチェックするためです。
  5. 片付け・・健康チェックと同時進行で介護スタッフが行います。
  6.  

専用の浴槽を運び入れるため、

部屋に入るのか

心配をする方もいると思います。

浴槽の大きさはおおよそ

2畳〜3畳程のスペースがあれば

問題ありません。組み立ても部屋で行います。

 

また常に看護師や介護スタッフが近くにいるため

急変するようなことがあってもすぐに対応は可能です。

訪問入浴と訪問介護の違い

こういったことから、

「訪問介護」で行う入浴介助との違いは、

専用の浴槽があるかないかだけでなく、

看護師がいることや

人数の体制が違うこともわかりますね。

注意事項

訪問入浴では、入浴の際に使用する水は

持参することはありますが、

全量は難しいです。

 

そのため基本的に

自宅の水道水を使用します。

それについてはサービス利用前に

確認しておくことをお勧めします。

 

訪問入浴の費用

訪問入浴の費用は「要介護」と「要支援介護予防訪問入浴介護」で料金が異なります。また、入浴の種類(全身浴、部分浴、清拭)でも異なります。

 

費用の目安は以下の図で確認してください。あくまで目安です。

介護度 入浴種類 費用(1割負担)
要介護 全身浴 1,250円
部分浴 880円
清拭 880円
要支援 全身浴 850円
部分浴 600円
清拭 600円

※介護保険負担割合が2~3割負担の場合はその分だけ費用も上がります。
※また、お住いの地域により費用は変動します(上記目安は都内)。

 

上記費用から、条件次第で費用負担が下がるものがあるので紹介します。

・訪問するスタッフの中に看護師がいない場合(減額)
・要介護者の訪問入浴を看護師1名・介護スタッフ1名の計2名で行う場合(減額)
・地域加算、介護職員処遇改善加算など各種加算がある事業所の場合(増額)

まとめ

以上が訪問入浴の説明になります。

訪問入浴はただ「入浴ができるだけ」

ではないことが理解できたでしょうか。

 

費用は少し高いですが、

本人の生活の質を高めることや

家族の介護負担の軽減につながります。

また、看護師が健康状態を

確認してくれるため、

疾患の早期発見や予防にも

つながるのです。

ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。