介護保険制度とは?仕組みをわかりやすく解説します

介護保険制度

現役病院勤務をしているソーシャルワーカーのねこまるです。

介護保険制度の仕組みについてわかりやすく解説していきます。

そもそもですが

介護保険は在宅で生活するための制度です。

それを大前提として読み進めてください。

介護保険はどんな保険

上記で説明したように、在宅で生活するための保険制度です。2000年にできたまだまだ若い制度ですね。

もちろん「保険」ですので、保険料を納めていないと使えません。40歳からみなさんが納めているものですね。そして、「申請」をしなくては使えませんので注意してください。申請方法についてはこちらからどうぞ。

介護保険を利用すれば、自宅で生活するうえで自分でできないこと(買い物や掃除等)を介護保険を利用することでできてしまうのです。

サービスを利用できる対象者

大きく分けて2つに分かれます。「65歳以上」か「40~64歳」です。

65歳以上の方

介護保険に加入している方で、65歳以上の方(第1号被保険者)どなたでも申請は可能です。

ただ、あまりにも健康ですと介護度がでませんので気を付けてください。

40歳から64歳の方

同じく、介護保険に加入している方で40歳から64歳の方(第2号被保険者)の場合は、医療保険を納めている方で、40歳から64歳までに病気(特定疾患)にかかってしまった方については介護保険を利用することができます。

また、65歳になると自動的に65歳以上のほう(第1号被保険者)に切り替わります。

下記のリストで特定疾病の確認をしてみてください。

介護保険の特定疾病
「介護保険制度について」 厚生労働省より引用

特定疾病については

本人のみではなく医師の診断が必要です!「65歳以上の方」とは違い「病気に関係なく加齢に伴い身体が動かなくなったから申請をする」といったことができません。

主治医に病気によって身体にどのような症状がでているのかなどを判断をしてもらわなくてはいけません。症状を確認するために、検査関係(血液検査やCTなど様々)を行う必要が出てくることもあります(検査データがあることでより申請をする根拠となるため)。

具体的な例を挙げてご説明をします。

例えば、45歳の方で「糖尿病」の診断がついていてもそれだけでは介護保険の申請はできません。

糖尿病によって「神経障害」や「目の中で出血している」など、症状が必要となっています。

ご家族や本人の判断だけでは難しいと思いますので、医師や病院の相談員(医療ソーシャルワーカー)へ相談してみてください。

介護保険にかかる費用

介護保険サービスを利用した時費用負担は「介護保険負担割合証」で確認できます。また費用はそこに書いてある「負担割合」で変わってきます。

また、要介護度によってサービスを利用する量が変わり、負担する額も変わってきます。その解説をしていきます。

介護保険負担割合証

介護保険は基本的にサービスを利用することで費用負担が発生します。また、利用者の方が負担するのは利用したサービス費用の「1割」になります。所得が多い方に関しては「2~3割負担」

ただ、所得や世帯の人数によって負担割合が若干変わるため、「住民税課税者」の方は図の下の注意書きも読んでみてください。

下の図が負担割合の図になります。

※1.合計所得金額が「220万円以上」でも、同じ世帯の65歳以上の方の年金収入+その他の所得金額の合計額単身で「340万円」2人以上の世帯の場合は「463万円」に満たない場合、「2割負担」になります。(「その他の合計所得金額」とは合計所得金額から公的年金所得を除いた額です。)
※ 2 合計所得金額が「160万円以上」でも、同じ世帯の65歳以上の方の年金収入+その他の所得金額の合計額単身で「280万円」2人以上の世帯で「346万円」に満たない場合、「1割負担」になります。

また、介護保険料を滞納していた場合一度全額負担(後でも戻ってくる)」または「3割負担」といったペナルティーがあります。

負担割合に関しては、介護保険が届いたときに「負担割合証」が同封されていますので、ご確認ください。

介護保険負担割合証の交付方法

・電話 ご本人、または家族からであれば電話にて申請することができます。役所から「郵送」で届きます。

・窓口 介護保険課にて 「ご本人、または家族」が窓口に行くことで申請することができます。申請の際は申請者と本人の身分証明書が必要になるため、事前に確認をした方がいいかもしれません。

介護保険支給上限額

要介護度によって変わる支給上限額先ほどまでのは、支払う「割合」について話しましたが、

ここからは支給の「上限額」について話をしていきます。下の図を見てください。

介護保険のサービスを利用すると、要介護度に応じて支給があります。

この支給額内であれば、利用者は各々の負担割合率で支払いをします。

つまり、「要支援1」の人は「50030円分」のサービスを使うことができます。「1割負担」であった場合は、支給上限いっぱいまでサービスを利用すると支払いは「5003円/月」となります。

上限を超えて利用する部分については、全額実費(10割負担)となりますので、基本的には利用する機会はあまりないと思います。お金に余裕がないとなかなか難しいですね。

 

そもそも介護保険ってどういう制度なんだろうと疑問に思った方へ、わかりやすくイメージをしやすいような解説記事を書いてますのでこちら↓から是非見てください。